福岡んのロンドン暮らし

福岡人=Fukuokanな私のロンドン生活。2017年7月から海外育児生活も始まりました。

イギリスでの出産前検査(マーカーテストやNIPT)

「今度、お腹の子どもにダウン症とかの遺伝子異常がないか調べる血液検査をするんだけど、費用が20万くらいかかるんだよね」

と、先日日本で妊娠した友だちから言われて、びっくりしてしまいました。に、20万?!どひゃー!!

 

「イギリスではどうしたの?」と言われて、思い出してみると、そういえば私も血液検査したわ。(そしてブログにも書いてたわ)

fukuokaninlondon.hatenablog.com

 

イギリスの国民保険サービス(NHS)では、母体血清マーカーテストとエコー検査を組み合わせた検査(Combined Test)を行っています。私が受けたのもこの2つの検査です。マーカーテストは血液の成分の濃度、母親の年齢、などをふまえて、染色体異常の確率を出す、というもの。

日本では、このような出産前検査をする際には何らかのカウンセリング(少なくとも医師と検査について詳しく話す、心構えをする)があるようですが、イギリスでは、少なくとも私が行った病院では、そんなものは全くなかったです。あるわけがないです(笑)

 

病院には、そもそもはじめてのエコー検査、という名目で行ったのです。ところが、病院につくやいなや、血液検査の趣旨をごく簡単に説明した A4 の紙を一枚渡され、合意するならサインしてね〜、と受付で言われただけ・・・。事前に書籍でこのような検査があること、それが意味することは夫婦で読んでいたからよかったものの、全く知らずに病院に行ったら、ちょ、ちょっと待ってくださいよ、と戸惑うこと間違いなしだ。

 

もちろん、この検査は任意です。必須ではありません。でも、これだけホイホイ、っと紙を渡されるだけな勢いだと、受けないといけないものだと勘違いして、そうとうの妊婦さんが検査受けてるんじゃないかな・・。

 

日本では1〜2万円ほどかかるマーカーテストですが、イギリスではこれは無料で受けられます。年齢制限もなしです。

 

さて、冒頭の友人が受けた20万円もする検査、というのは、ご存知のかたもいるように、NIPTと言われる新型の検査のことです。マーカーテストとNIPTの違いは、このあたりの記事がわかりやすいかもですね。

192abc.com

 

NIPTのほうは、まだイギリスも一般の病院(NHSの病院)では行われていませんが、プライベートの病院では受けることができます。

NIPT for Down syndrome | The NHS RAPID project

 

お値段は£400〜£900(日本円で6〜13万円)くらいらしいです。こちらのママ友が最近二人目を妊娠した際に、NIPTをやったと言っていました。彼女は持病の影響もあり、血液検査を早めにしないといけなかったので、ついでにやっちゃったわー、というかんじでした。(たしか保険もきいたんじゃなかったかな・・・)

 

費用の他に大きく違うのは、イギリスでは性別も教えてくれるということ。こちらの記事によると、

「出生前に性別を知ることによって、正当な理由のない中絶につながる可能性がある」などの理由から、現在の日本においては日本産婦人科学会の方針によって性別に関する診断は非公開となっています。

 とのことですので、お国柄がでてきますね・・。

 

また、日本では35歳以上でないとNIPTはできないようですが、こちらでは特に年齢制限があるような文言は見当たりませんでした。

 

日本では、自分で調べたり、聞いたりしない限り、ひょっとしたら出産前にこういう検査ができるということすら知らない人が多いんじゃないかな、という印象を受けました。逆に、イギリスでは、一般の仕組みの中に少なくともマーカーテストは組み込まれているので、良くも悪くも、検査自体は身近になっているようですね。

我が家のゆるいバイリンガル育児

娘が一歳半を過ぎ、ずいぶんおしゃべりが上手になってきました。が、口から出てくるのはほぼ英語!それにつられて私も英語で返事しちゃったりして、「あ、しまった(汗)」と思う毎日です。

私と旦那(オーストラリア人)はもともと日本に2年ほど一緒に住んでいたものの、その間彼はほぼ全く日本語を習得しませんでした(爆)。会社で無料の日本語教室もあっていたのに、一度も行かず。バイリンガルな会社だったし、住んでいるのも東京だったし、英語で事足りたのです。

そんなこんなで、我が家の会話は基本英語。

保育園もロンドンのど真ん中で、もちろん英語。

日本語は基本的に私と、私の実家とのビデオ会話、それに時々お邪魔する日本人のプレイグループで耳にするくらい。

そしたら、そりゃね、子どもの口からはほぼ英語しか出ないですよ。

わかっています、本気で娘を完璧なバイリンガルにしたかったら、私は徹底して日本語のみを彼女に話したほうがよいと言われると。日本語で話さなかったら返事しない、くらいの勢いじゃないと、ということも。

でも、かわいいじゃないですか、ちょっとおしゃべりできるこの頃って。今までなんで泣いてるのか、こちらが察してあげないといけなかったのに、最近は英語でならちょっと説明できちゃったりするわけですよ。この意思の疎通が取れるって、本当に親としては嬉しくて。本人も自分で言ったことに大人が反応すると嬉しくて。だったら、この英語のおしゃべり力も伸ばしてあげたい。

それに、我が家は家族みんなでの会話を大切にしたいと思っているんです。議論するのも好きだし、隠し事なくなんでも話せる家族にしたいなと。

そんなときに、ママには日本語で言わなきゃ・・でも日本語でなんて言うかわからないから言わない・・とかってなってほしくない。

だから、いいかな、って。

これからイギリス、オーストラリア、要は英語圏の国々で暮らしていくであろう彼女に、日本語を強要してもしょうがない。

日本語や日本の文化は、自分のアイデンティティの一部として触れていてほしいけど、流暢じゃなくてもいい。もちろん、私の両親(娘の祖父母)と会話が成立してくれるとベストだし、興味があれば伸ばしてあげたい語学力だけど、無理に押し付けない。

なので、基本は
・二人でいるときは引き続き日本語をメインにお話しする
・日本語の本やうたにも定期的に触れさせる
・日本語のプレイグループにも定期的(できれば週一回)に行く

というゆるい方針で、しばらく続けていこうと思います。

海外でバイリンガル育児をされているみなさん、経験談などコメントWelcomeです!

食洗機のある生活

先月末から、我が家はリフォームの工事が始まった。キッチンは使えないし、ホコリもすごいし、ということで、3ヶ月ほど引っ越すことになった。ありがたいことに、歩いて3分のAirbnbが子連れ&猫連れ OK ということで、しばらくの仮住まい生活が始まった。いつもの家よりは狭いし、触っちゃいけないものもたくさんあるしで、子供も猫も、そして大人も新しい環境に慣れつつあるところである。

 

キッチンも今までの家より狭く、調理器具も慣れ親しんだものとは違う。スペースも限られているので、どうしてもないと困るものだけ厳選して家から持ち込んでいる。そんなAirbnbのキッチンだが、電化製品類はリフォーム前の我が家よりは、かなりレベルアップしている。狭いくせに、食洗機がついているあたりもそうだ。

 

これまで、食洗機なんて無縁な生活をしていた。実家には食洗機があったが、これが可動しているのはほんの数回しか見たことがない。当時の食洗機の性能がまだまだだったせいか、食洗機がいっぱいになるまで待つ余裕がなかったのか、はたまた当時の「皿は手で洗え」という無言のプレッシャーのせいなのか。理由はよくわからないが、母は頑なに手で皿を洗っていた。食洗機は、その皿を乾かすカゴとして普段は使用されるのみだった。

 

唯一私が食洗機のある生活を送ったのは、高校時代にアメリカにホームステイしていたときだ。ホストパパが「お皿洗いは僕の仕事なんだよ」と、ルンルンしながら皿を食洗機に入れていく姿が印象的だった。そもそも我が家の父親は家事なんて全くしない人だったから、キッチンにパパが立ってること自体が衝撃だった。でも、「皿・・・洗ってないじゃんw」とツッコみたいのに、自信満々に「僕は皿洗いをしている」なんて言われてしまうところが、なんてアメリカンなんだと思ったものだった。

 

その後、東京のアパートにも、イギリスの家々でも、皿は手で洗う生活をしていた。我が家の旦那も皿洗いは自分の仕事だと自負しているところがあり、毎晩夕飯後の片付けをピカピカにしてくれていた。

 

そんなだから、キッチンのリフォームを決めた際も、なんとなく食洗機をつける選択をしたものの、これは後に家を売却する際のいい条件になるように、という考えからだった。「私たちは手で洗っても全然問題ないけどね」、なんて余裕をかましていた。

 

ところが、このAirbnbに来てから実際に食洗機を使い始めて、我々の食洗機に対する印象はあっという間に覆されたのだった。一番の違いは、私も夫も、娘と過ごす時間がより一層増えたということだ。最近の食洗機は洗浄力も素晴らしく、フライパンだって、オーブンで焼いたあとのトレイだって、洗い残しなくちゃんと洗えているではないか。今まで、焦げたお鍋を水に浸して、一生懸命こすって洗って・・としていた時間はなんだったのか!ヌメヌメの油落としに費やした時間はなんだったのか!平日、娘と少しでも時間を過ごしたく、必死に早めに帰宅する旦那が、皿洗いに費やした時間はなんだったのか!少々虚しくなってくるが、過ぎた日はもう戻ってこない。

 

ありがたく食洗機を使わせてもらうようになってから、調子の良い日は、旦那も平日30分以上一緒に遊べるようになった。

 

以前、主夫の日々さんのブログで「食洗機を買うな発言は、川で洗濯してこいと言っているのと同じだ」という発言が一生に残っていた。

www.kawauchisyun.com

今ならわかる、この気持ち。今までちまちま手で皿を洗っていた時間が、マジで惜しい。

現代の食洗機の威力はすごい。機械がやれる仕事は、機械にやらせていいと思う、ホント。家事でセーブできる時間は、人生の中のもっと大切なことに使えればと思う。

 

イギリスのEU離脱まで一ヶ月を切ったのだが

イギリスのEU(欧州連合)離脱予定日、3月29日が本当に目の前に迫ってきた。

 

が!

 

あいかわらず連日全く予想のつかない日々が続いています。毎週、いや、毎日のように政治情勢が変化し、名だたる政治記者のみなさんもなかなか先の予想ができずにいるようだ。

 

イギリスにいてもついていけないほど展開の早いBrexit事情だが、現段階の話をざっくりまとめるとこんなかんじ。

今何でもめているのか

メイ首相とEU代表とで取り決めたWithdrawal Agreement(離脱合意書)について、大きな議論がなされている。離脱合意書とはいえ、実はこの文書が取り決めているのは、正式に離脱する前のTransition Periodといわれる移行期間(2019年3月30日から2020年12月末まで)の話。本格的にEUを離脱する際の話は、まだ始まってすらいないのに、このもめ様、という衝撃。

 

この文書の中で特に問題になっているのが、アイルランドと、北アイルランドの国境問題。これはまた別のブログで書きたい深い内容だが、要はここに壁を作ってしまうと、北アイルランドもアイルランドに属するべきだとする人たちが、カンカンに怒ってしまうわけだ。では、イングランドの島の方でなにかしら税関チェックなどを設置するとなると、今度は北アイルランドだけ別の国扱いになってしまってけしからん、という人達もいるわけで。下手するとまた90年台のような内覧が勃発しかねない、やっかいな問題。いやはや、ブレクジット(Brexit)言い始めたときに、誰も考えんかったんかい!?と呆れる次第である。

 

ちなみに、約600ページにわたる離脱合意書は、オンラインで誰でも読むことができる。

www.gov.uk

 

3月12日に注目

離脱合意書にイギリス国会が承諾する、というのが離脱前の大きなステップだ。しかし、12月のクリスマス前にメイ首相が試みた投票では、「歴史的な大敗」と言われるほどの大差で与党を含む大多数の議員が大反対してしまった。

 

離脱合意書をEU側と修正して、再度イギリス国会に是非を問う、として年明けから首相は頑張っているようだが、特に大きな修正は今の所なされていない。再度国会に合意書を提出する日もズルズルと延期され続けているが、もうあまり日にちも残されていない。

 

現段階では次の投票は3月12日に行われる予定となっている。正直現段階では、ここで合意書が通るとは誰も思っていない。12日に合意書が国会を通らなかった場合、13日に「合意なき離脱」をするか否かの投票が行われる。これが通ってしまうと、29日をもって、移行期間もなしにイギリスはEUを飛び出すことになる。

願わくば、国会議員の先生方は正気を保って、「合意なき離脱」に反対票を投じ、14日「EU離脱を延期するか否か」の投票に持ち込んでほしいところである。

 

ホワイトデーまでには、ようやく何かしら先の見通しがたっている状態になりそうだ。

 

「合意なき離脱(No Deal)」は本当にあり得るのか

合意なき離脱のリスクはあまりにも高いように思われるし、実際政府が発表した調査書もそう断言している。例えば、イギリスは食料の30%以上をEUから輸入しており、3月半ばで合意なき離脱なんかが決まってしまっても、飲食業界は対応できず、スーパーの食料も品不足になる可能性が高い。医薬品もしかりだ。

www.bbc.co.uk

 

かなり基本的な生活に支障が出ると思われる中、「合意なき離脱」なんてさっさと論外にしてしまえばいいのに、と思うのだが、そうはいかないのがこのブレクジット問題の複雑さを象徴しているようにも思われる。「合意なき離脱」は決してベストな選択肢ではないが、それでも支持される理由として、次のようなものがある:

 

  • 離脱を延期すると、ずるずると永遠に延期され続けてしまい、結局EU離脱しないということになりかねないから、合意がなくてもこの3月にEUと手を切りたい。
  • とにかくメイ首相の取り決めた離脱合意書に納得できず、そんな合意無しで離脱したほうがマシ。
  • 「合意なき離脱」は危険だ、リスクが高いというのは、エリートの作ったでまかせだ。

また、首相が合意なき離脱を否定できないのも、与党内にこのような理由で合意なき離脱を支持するBrexiter(離脱派)がおり、場合によっては彼らの離党により、党が崩壊する恐れがあるため、だと言われている。

現に、2月27日に、スコットランド国民党が「合意なき離脱」はなんとしても避けるべきか否か、という投票を国会に提出したが、288対324票で否決された。これは、スコットランド国民党を毛嫌いする人たちが否決したという分も少しはあるのだし、3月13日という土壇場では賛成する議員も増えるとは言われているが、なかなか安心できない数字である。

 

願わくば

先日与党に嫌気が差して、独立グループ(The Independent Group)に仲間入りしたアナ・ソブリー(Anna Soubry)議員がよく言うのだが、首相を始め多くの議員が、国民ではなく自分の政党を第一に考えて投票をしているように思う。これは、政治の醜い現実なのだが、そろそろそんな政治劇をやっている場合ではないと国民の多くは感じているのではないだろうか。個人的には、No Dealは是が非でも避けてほしいと思うのだが。

 

 

人間関係の9か条

子どもがいて、仕事を始めるとブログを書く暇を見つけるのが大変で、全く更新できずにいました・・・汗

 

先日片付けをしていたら懐かしい物が出てきたので覚書に。

 

高校の交換留学前、オリエンテーションで習った「人間関係の9か条」。どこからの引用なのかは不明なのですが、当時、「留学中、ホストファミリーをはじめ、現地の学校の友達などと新しい人間関係を築く際に、心に留めておいてほしい」と叩き込まれたものです。

 

人間関係の9か条

1)批評、非難、不平を言わぬこと

2)誠実で、心から感謝をすること

3)相手にやる気を起こさせること

4)相手に誠実な関心を寄せること

5)笑顔で接すること

6)名前とは、当人に最も快い響きを持つものであるということを理解すること

7)聞き手に回ること

8)相手が関心を持っていることを見抜いて話題にすること

9)相手に重要感を与えること

 

留学前の研修中、「毎月1人、ターゲットとなる「相手」を決めて、この中から1つか2つのことを試してみること」という宿題が毎月出されたものでした。我々、当時高校1年生〜2年生。思春期真っ只中なので、親との関係もぎくしゃくしていた頃。なので、ターゲットとなるのはときに親だったりもしました。「今月はお母さんに『②誠実で、心から感謝をすること』を実践します。」と宣言して、親に恥ずかしながら「ありがとう」と声に出して伝える・・。16,17歳の頃はなかなかできてなかったことでした。でも、1ヶ月続けてみると、わりと人間関係が良い方向に転ぶものです。

 

今読み返してみると、この歳になっても使える要素ばかりですね。

赤ちゃん連れノルウェー旅行 ②食事・睡眠編

11ヶ月の娘を連れてフィヨルドを巡るノルウェー旅行に行ってきました。旅程や移動については前回の投稿をご参考ください。

fukuokaninlondon.hatenablog.com

 

食事編

外食

ノルウェーはどこもベビーカーで移動している家族連れが多く、大変子連れには優しい印象でした。これは外食もしかり。特にベルゲンの中心部やブリッゲン付近では、ベビーチェアのあるレストラン・カフェも多かったです。また、トイレにおむつ替え台のあるところも多く、大変助かりました。ちなみにノルウェーのおむつ替え台はこんな感じでした。

f:id:nzi102:20180709051426j:plain
f:id:nzi102:20180709051429j:plain
ノルウェーでよく見かけたおむつ交換台。棚もついてて便利。

日本と比較したら微妙かもしれないけれど、これは汚いロンドンのトイレとは比べ物にならないくらいありがたかったです(笑)

 

ベビーフード

ベビーフードやおむつはこちらのスーパーでも手に入りやすかったですが、日本で慣れ親しんだものとは大分味付けも違うと思うので、心配であれば持ってきたほうが無難かもです。大手のスーパーだとこんな感じのベビーフードが手に入りました。

f:id:nzi102:20180709051606j:plain

ノルウェーはベルゲンのような都市でも、スーパー含めほとんどの店が日曜には閉まっていました。土曜の夕方過ぎてこの事実に気づいた我々は、その時点で空いているスーパーを探すのに翻弄されてしまいました・・汗。みなせん気をつけてください。

 

睡眠について

ベルゲンではGrand Hotel Terminusに宿泊しました。バス・電車の駅が目の前にある大変便利な立地のホテルです。こちらでは無事にベビーベットをお部屋に出してもらいました。

その後宿泊したキャンプ地では、ベビーベットの貸出はあったのですが、マットレスはないという・・・。まぁ、ノルウェー人が行くようなところだったので、シーツ、タオルなども自宅から持ってくることを想定されていたようで、マットレスもしかり。あんまり観光客が行かないようなところに行くときは、いろいろと想定外のことが起こりますね。

しかし、なにより睡眠に関して一番の問題は、夜遅くまで沈まぬ太陽でした。夏至直後だったこともあり、なんと日没は夜11時過ぎ!なのにホテルもキャンプ地のキャビンもカーテンは遮光カーテンではなく、ぼんやり明るいまま。私も寝にくい。子どもはもっと混乱。夜10時頃、寝かしつけがてら散歩に行ってもこんなかんじでした↓

f:id:nzi102:20180709051654j:plain

そりゃね、寝れないよね。

足りない睡眠時間は、朝いつもより遅くまで寝かせたり(とはいえ、日は4時過ぎには昇る)、多めのお昼寝で補ったりしました。

 

というわけで、大変なこともありましたが、自然がいっぱいのノルウェーは、子連れにも優しく、大変心地よい旅行となりました。

赤ちゃん連れノルウェー旅行 ①移動編

先月熱波に襲われたロンドンを脱出し、家族でノルウェーに一足早めの夏休みに行ってきました。11ヶ月になる娘を連れていきましたが、ノルウェー、良かったですよ。

果たして日本からわざわざ乳幼児を連れてノルウェーまで行きたい人がいるのかは謎ですが、子連れ旅行で気づいたことをまとめてみます。どなたかの参考になれば幸いです!

f:id:nzi102:20180708182720j:plain

ヴォーリングフォッセンの眺め

旅程

我々が今回行ったのは首都オスロではなく、西側のベルゲンと、ハダンゲルフィヨルドです。参考までに旅程はこんな感じで組みました。

  • 1日目:ロンドンから飛行機でベルゲン入り。
  • 2日目:ベルゲン市内観光
  • 3日目:レンタカーでベルゲンからKinservikのキャンプ地へ移動。ハダンゲルフィヨルド沿いにドライブ
  • 4日目:Kinservik〜Lofthus〜Oddaへ、Låtefossen目指してドライブ
  • 5日目:ヴォーリングフォッセン(Vøringfossen)へドライブ
  • 6日目:Kinservik周辺の散策
  • 7日目:KinservikからVoss、そしてベルゲン空港へ移動。ロンドン帰国。

f:id:nzi102:20180709050641p:plain

青い線は3日目に運転した経路。Aがベルゲン。

 

移動編

車での移動

ノルウェーでの車の移動は、いつでも、どこでも、必ずチャイルドシート!というかんじでした。

例えばベルゲン空港から市内への移動はFlybussenというバスで10分ほど。このバスでは、一部座席を倒すと、チャイルドシートが出てくる仕組みになっていました。これはびっくり。ただ、2つしかチャイルドシートがないので、3家族目は次のバスを待つように支持されていました。バスは10分おきくらいに出るようです。膝に乗せておいても全然あやせるくらいの距離なのですが、自分の席に座れて、大きなバスの窓から景色も眺められて、子どもは上機嫌でした。ノルウェー旅行、幸先が良いです。

困ったのは、タクシーにもチャイルドシートなしでは乗せてもらえなかったこと。わざわざ他の運転手に電話して、チャイルドシートを持ってきてもらえないか交渉したりもしてくれましたが、とにかくそれなしでは警察に捕まったときに困るからだめだと断られました。

3日目以降はレンタカーで、チャイルドシートも借りたので問題ありませんでした。

 

ベビーカーでの移動

ベルゲンもキャンプ地も、その他観光地も、ひたすらベビーカーだらけだったのが印象的でした。とにかく子連れでお出かけしている家族の多いこと!なので、多くのカフェやレストラン、お店はベビーカーで入っても全く問題がないかんじでした。

ただし、私たちも持っていった日本からのベビーカーは、タイヤが小さすぎてベルゲンの石畳には全く太刀打ちできず。あまりにガタガタと乗り心地が悪そうだったのと、歩いているだけでもあちこちに突っかかってしまいました。あまり暑くなかった(というかむしろ寒かった)ので、けっきょくベルゲン内の移動はほぼ抱っこ紐にしました。街中では、皆さんそれなりに大きめのタイヤの付いたベビーカーを使用していたようです。欧米製のものは旅行用でもタイヤが日本のよりは大きめな気がします。

f:id:nzi102:20180709050955j:plain

こんな石畳は華奢なタイヤじゃ無理。

また、ヨーロッパで一番雨が降る都市と言われるほど、ベルゲンは雨が多いです。現に我々の滞在中は連日小雨が降っていました。なので、ベビーカーの場合は雨カバー必須です。

 

ベルゲン空港

ベルゲン空港は、国内線も国際線も同じチェックイン、セキュリティを通ります。セキュリティを通ると、まずは国内線のゲートとレストラン・お店があります。このエリアには子供が遊べるスペースが用意されていました。

f:id:nzi102:20180709051105j:plain

また、日本の空港のようにベビーカーが借りれそうな感じでしたが(紫色のベビーカーを回収している係の人がいました)、我々は時間がなくて詳細を探すことはできませんでした。もしなにかわかったらアップデートします。

子どもが遊ぶエリアを通過して、更に空港の奥に進むと、国際線ゲートに到着します。国際線側はまだ一部建設中だったようで、レストランも2つしかなく、お店もほぼなしだったので、長時間子どもをあやすには難易度が高いかもです。さらに、パスポートをチェックするところを通過すると、もう待合室とトイレしかないので、注意です。

 

 

次回はノルウェー旅行中の食事と睡眠について紹介します。