福岡んのロンドン暮らし

福岡人=Fukuokan の私からみたロンドン生活

イギリスで人気の英語のうた#2:Row Row Row Your Boat

英語のうた、100曲覚えられるかに挑戦中!

2曲目は、これまたどの幼児向けイベントで歌われる Row Row Row Your Boat。ボートを漕ぐ歌です。


ROW ROW ROW YOUR BOAT | Nursery Rhymes TV. Toddler Kindergarten Preschool Baby Songs.

 

一人で座れる子どもとは、向かい合って座って、手を引っ張り合ってボートを漕ぐフリをするとGOODです。

 

しかしこの歌、単にボートを漕ごう、という楽しい歌かと思いきや、実は一番の歌詞は子供向けの歌とは思えないくらい哲学的。

Row row row your boat

Gently down the stream

Merrily merrily merrily merrily

Life is but a dream

この最後の一文が曲者。この場合、butはjustとかonlyのような意味合いであると、一般的には解釈されているらしいです。つまり「人生なんて夢みたいなものさ」と。これ、幼児期から言い聞かせるってどうなんでしょう(笑)

また、ボートを我が身に例え、人生うまいこと楽しく乗りに乗って行こうよ!みたいな解釈をされることもあるらしい。深い。

 

この一番のあと、最近ではいろいろと動物が出てくるバージョンが続きます。例えば

Row row row your boat

Gently down the river 

If you see a crocodile

Don't forget to scream! 

ワニがいたら、叫ぶのを忘れないでね、と。scream のあとに、わー!と叫ぶのがお約束。

あとはライオンと一緒に吠えたり(If you see a lion, don't forget to roar)、

シロクマと一緒にブルブル震えたり(if you see a polar bear, don't forget to shiver)、

タコにキスをしたり(if you see an octopus, give him a kiss for me)、

ボート1隻でそうとうあちこち冒険しているすごい人になっていきます(笑)。それぞれ、吠えるマネをしたり、震えるマネをしたり、アクションが増えてなかなか楽しい一曲です。