福岡んのロンドン暮らし

福岡人=Fukuokan の私からみたロンドン生活

妊婦の街歩き:ロンドン、バラ・マーケット〜テート・モダン編

妊娠生活もいよいよ終盤に差し掛かってきました。体調管理のため一人で歩け歩け運動を行っていますが、同じところばかり歩いても飽きるので、時々ロンドンの観光名所を歩いてみます。今日のコースはバラ・マーケット(Borough Market)・テート・モダン(Tate Modern)付近を巡るコース。

f:id:nzi102:20170703011238p:plain

さっそくバラ・マーケットへ

マーケットは、地下鉄のロンドン・ブリッジ駅を出てすぐです!(ロンドンの地下鉄の出口は番号が振ってないのですが、Borough Marketと書いてある出口を目指してください・・)。先月のテロ以降、しばらくマーケットは閉まっていたのですが、そんな様子は感じられないほど先日は平日でも人でいっぱいでした。

少なくとも1014年からずっとこの場所にマーケットがあったという、千年以上続く歴史ある場所です。新鮮な食材はもちろん、最近では美味しそうな食べ物もたくさん売っていて、地元の人も観光客も楽しめます。

f:id:nzi102:20170703012313j:plain

 夏は国産のベリー類が豊富。カラフル♪

f:id:nzi102:20170703012459j:plain

美味しそうなケーキ (♡∀♡*。) フランス人のケーキ屋さんやチーズ屋さん、ドイツ人のパン屋さん、トルコ人のお菓子屋さんなど、観光客だけでなくお店の方も国際色豊かで、いろんなアクセントの英語が飛び交っています。

f:id:nzi102:20170703013319j:plain

パン屋さんもたくさん♪ クロワッサンなどの菓子パン類もきれいでした。

f:id:nzi102:20170703013335j:plain

ヤギのミルクのアイスクリーム屋さん。

 

このマーケット、土・日は観光客で激混みするので、できれば水〜金の午前中がオススメ。(夕方行くと、売れ残りが激安で買えるという話もあり・・。)

boroughmarket.org.uk

今回はランチに行きたいところがあるため、食べ歩きしたい気持ちをグッと我慢して、次の目的地へ向かいます。 

 

ランチ:美味しいパンケーキを探し求めて

ロンドンで美味しいパンケーキを未だに探し求めて歩き回っているのですが、今回試したのはWhere the pancakes areというお店。スタンダードな、アメリカン・パンケーキを頼んでみました。じゃーん!

f:id:nzi102:20170703014713j:plain

これまでロンドンで食べたパンケーキの中で、一番ふわふわな食感 o(≧∇≦o)!! ベーコンもアメリカンらしくカリッカリ。そば粉が入っているので、ちょっと酸味のきいた味わいだったのは好みが分かれるところかもです。(私はちょっと苦手。)

私のロンドンのベスト・パンケーキを探し求める旅は続きそうです・・・。

テート・モダン美術館(Tate Modern)へ

こちらはテムズ川沿いにたたずむ、現代美術を扱う美術館です。ちょうど一年前頃に新館ができたばかり!新館10階は展望台になっています。

f:id:nzi102:20170703020705j:plain

旧館を見下ろしつつ、テムズ川の反対側にセント・ポール大聖堂。

f:id:nzi102:20170703021044j:plain

シャードや、シティを臨んで。

この展望台、ぐるっと反対側には高級マンションが立ち並んでいて、展望台から各お部屋のおしゃれなリビングやキッチンがわりと丸見えだという・・・

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0c/43/d3/97/neighboring-residences.jpg

「近所の方のプライバシーを尊重してください」って、いやいや・・。じゃぁこっち側の展望台はアクセスできないようにするとか、なんか方法はあるやろ、とツッコみたくなります。これはこれで「アート」なんでしょうかね。

展望台・美術館ともに無料です。(余裕がある人は、入り口で募金しましょうね!)クリスマスの頃は、美術館前の広場にクリスマスマーケットも出るのでオススメです。

テムズ川沿いをお散歩

美術館をウロウロしたあとは、駅へ戻るのにテムズ川沿いをお散歩。こちらのThe Anchor というパブは、1600年頃からこの場所にあるのだそう。

f:id:nzi102:20170703040211j:plain

シェークスピアの劇場もテート・モダンの近くにあります。

f:id:nzi102:20170703040353j:plain

そしてモダンなビルの間にこういう古い建物がいきなりドーンと出てくるのが、ロンドンのすごいところ。

f:id:nzi102:20170703040609j:plain

13世紀〜17世紀ころまでウィンチェスター司教が代々住んでいたお城の大ホールだそう。こんな古い建物も大事に残しつつ、都市が発展していくのは素晴らしいですね。こういう文化を大切にするのは、イギリスの好きなところのひとつです。

 

さて、いかがでしたか?地図上では2.5kmくらい歩いたことになっていますが、実際にはマーケット内や美術館内もそうとうウロウロしたので、3kmは歩いているはず・・。妊婦でなくても半日はゆっくり過ごせるコースですよ。